介護の仕事が向いている人

これから介護の仕事を始めようかと悩んでいるとき、介護の仕事が自分に合うかどうかも気になりますね。
まず、介護の仕事は体力勝負なところがあります。利用する方々のお世話、身の回りの環境を整え生活しやすくすること、生活を楽しいものとできるように喜ばせることなどが仕事になるので、1日忙しく動き回ります。ある程度は体力がある人のほうが長続きするでしょう。
また、人の話を聴くことができる人であればなお向いています。いろいろな病気や悩みを抱えている人、そしてその家族に寄り添い、できるだけ前向きに生きていけるように支えることが介護の「傾聴」という仕事です。これができれば、利用する方々と打ち解けやすいですし、お世話をする中でも楽しさを見出すことができるでしょう。
そして、単純作業が得意な人が比較的向いています。毎日の当たり前の行動である排泄、食事、入浴などのお手伝いが主要なものになってくるため、それらを淡々とこなせることが必要です。もちろん一人一人の身体能力は異なってくるので、どのくらいまで介助するか・どんなやり方が介護される側の人に合っているのかなどは考えながら、続けていくことになります。
どんな仕事でも一長一短がありますが、人と関わることが苦にならない人であれば、介護は楽しい仕事になるはずです。自分の性格や特徴を今一度見直してみましょう。